読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KNIMEのworkflowをコマンドで実行(batch mode) Execution KNIME workflow via command line.

KNIMEのworkflowをコマンドで実行(batch mode) Execution KNIME workflow via command line.

KNIMEを利用すれば繰り返しのデータ分析を自動化することが可能。
以下は、あらかじめ作ってあるKNIMEのワークフローをコマンドで実行する手順。
コマンドで実行できるので、他システムから呼び出すことが容易になる。
If you use KNIME, you can automate repetitive data analysis.
This is a procedure that execute a already exist workflow of KNIME via command line.
The execution via command line make it easier to access KNIME from other system.

f:id:Tug-uca:20160622173450j:plain


特定のcsvファイルを読み込み、その内容を特定の場所へcsvファイルで出力するだけの単純なワークフロー。
これを保存し、以下のコマンドを実行する。
This simple workflow read a specific csv file and write same data to specific path.
You execute following command to execute this workflow.

knime.exe -consoleLog -noexit -nosplash -reset -application org.knime.product.KNIME_BATCH_APPLICATION -workflowDir="ディレクトリのパス"


"-consoleLog"がないと、コンソールが起動しない。If you don't write "-consoleLog", console window doesen't wake up.
"-noexit"がないと実行完了後コンソールが終了する。If you don't write "-noexit", console window will shut donw after execution.
linux環境では"knime.exe"->"knime"で起動できる。(未検証)In linux envinronment, you use "knime" insted of "knime.exe".(not validation)

f:id:Tug-uca:20160622175433j:plain


実行すると下図のコンソールが立ち上がり実行結果が表示される。
When you execute the command, console window will wake up and show result of execution.
f:id:Tug-uca:20160622175437j:plain


詳しく調べていないが引数でパスを渡して扱うファイルを指定することも可能。
(workflow variableを利用する)
You can pass a file path as argument to KNIME.
But I haven't researched the detail of command.(to use workflow variable)

KINME:https://www.knime.org/